会社案内

経営理念

当社は、事業活動を通して地球環境への影響を軽減させ、限りある資源を大切にし、地球環境保全と人の安全に配慮し、 持続的社会の実現に向けて貢献いたします。

環境方針

  • 1. 事業活動に関する環境関連法規制・協定その他の要求事項を遵守いたします。
  • 2. 事業活動における環境汚染を予防し、環境目的・目標を定期的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  • 3. 地域社会とのコミュニケーションを図り、奉仕活動(地域清掃)を継続的に行い、地域環境の保全に協力いたします。
  • 4. 当社は発生する廃棄物の再資源化を重点に全従業員への環境保全教育を通じて、周知徹底し、一人一人環境に対する意識向上に努めます。

平成30年度運輸安全マネジメント計画

(平成30年5月1日~平成31年4月30日)

株式会社 猖々谷建設代表取締役 猖々谷勝文

安全方針

1. 基本に忠実 全てに安全運転・安全作業

安全目標

2. 重大事故・物損事故・労災事故 全て0件
3. 目標達成の為の安全計画
分類 内容 実施内容
1

安全方針策定

事業者での方針策定

自社の事故-ヒヤリハットの映像を確認し全社的な安全運転方針を決定する、経営者運行管理者会議

2

定期的な教育

(新人教育)

定期的に、新人(個人、複数)乗務員に対して教育と実施する

3

危険防止の指導教育

危険乗務員指導

一時停止や速度超過などを起こしている乗務員に対して個人的に教育を実施する

わが社の自動車車政報告規則第2条に規定する事故0件!!

平成29年度の実績事故統計: 人身・死亡事故 0件、物損事故 0件

本社所在地 函館市高松町575番地270 【MAP】
処理施設所在地 函館市東山町134番2 【MAP】
札幌営業所 ⽯狩市花畔360番47
代表取締役 猖々谷勝文
創立年月日 猖々谷重機 昭和54年4月1日創立
会社設立年月日 有限会社 猖々谷重機 昭和62年4月6日設立
見組織変更年月日 株式会社 猖々谷建設 平成5年5月21日組織変更し設立
資本金 3,000万円
役員数 5名
従業員・技術者数 28名
系列 有限会社 エムケーコーポレーション
主要取引銀行 北海道銀⾏、北陸銀⾏、北洋銀⾏
許認可登録

建設業許可番号、業種(特定建設業)

  • 北海道知事許可(特ー27)渡第03092号
    ⼟⽊⼯事業、とび・⼟⽊⼯事業、⽔道施設⼯事業
  • 北海道知事許可(特ー28)渡第03092号
    解体⼯事業、建築⼯事業、⼤⼯⼯事業
  • 北海道運輸局許可 ⼀般運送事業 北⾃貨第1169号
  • 産業廃棄物処分業許可 函館市 第5220025946号
  • 産業廃棄物収集運搬許可 北海道 第0100025946号
  • ⾃動⾞分解整備事業認証 北技整 第318号
本社営業品目
  • ⼟⽊建築⼯事の設計、施⼯、請負業
  • ⼟⽊建築⼯事⽤機械の賃貸
  • 土木建築工事用資材の販売
  • 貨物自動車運送事業
  • 除雪・排雪に関する業務
  • 産業廃棄物処理及び運搬業
  • 解体工事一式
  • 倉庫及び作業場の清掃、消毒に関する業務管理の受託
  • 砂利、砂、土石の採取及び販売
  • 古物商
  • 不動産の売買、賃貸、管理及び斡旋
  • 重機及び自動車の売買
  • 杭打・杭抜工事、土塁工事及び埋立地整備工事
  • 鉄くず、銃鉄、合金等の製鋼原料関連資材の国内販売及び輸出入
  • 一般労働者派遣事業
  • 特定労働者派遣事業
  • 車輌車検整備事業
  • 上記各号に付帯する一切の業務
処理施設営業品目
  • 木くず
  • 廃アスファルト
  • 廃コンクリート
処理施設販売品目
  • 再生路盤材(0~40mm・0~80mm)
  • 再生骨材(13mm)
  • チップ(40mm)
各種PDF 産業廃棄物中間処理プラントERCパンフレット 産業廃棄物中間処理プラントERCパンフレット 産業廃棄物処分業許可証 産業廃棄物処分業許可証 産業廃棄物集取運搬業許可証 産業廃棄物集取運搬業許可証 産業廃棄部中間処理施設単価表 産業廃棄部中間処理施設単価表
ご相談・無料お見積もりは解体おまかせネットまで

メールで簡単!無料お見積もり

24時間受付中。ご相談・お見積もり
業務実績一覧

土木建築事業等、各工事実績の一覧。

エコリサイクルセンター

リサイクル事業の概要。エコリサイクルセンターのご紹介。

求人情報

株式会社 猖々谷建設 ・ 有限会社 エムケーコーポレーションの求人ご案内はこちら。

工事対応エリア

エリア内どこでも解体工事にまいります!解体工事の事なら、安全・安心・丁寧の猖々谷建設にお任せ下さい。